本文へ移動

げっそりと痩せかすれた声で「命を救っていただきました」…コロナ感染し重度の肺炎で入院の野々村真が退院報告

2021年8月25日 20時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
野々村真

野々村真

 新型コロナウイルスに感染し、重度の肺炎で入院していたタレント野々村真(57)が25日に退院、自身のYoutubeチャンネルを通じて医療従事者、勇気づけてもらったファンへ感謝の言葉を送るとともに、迷惑をかけた関係者へ謝罪した。
 野々村はげっそりとこけ、口ひげを生やした姿で登場。かすれた声を振り絞るように「入院中は精神的にも肉体的にも苦しい日々が続きましたが、24時間、医療従事者の皆さまに献身的に治療や看護をしていただき、そのおかげで命を救っていただきました。YouTubeを御覧の皆さまにも励ましの言葉をいっぱいいただき、それに勇気づけられてコロナと闘うことができました」と感謝した。
 現在は数値も安定し、医師から「もう大丈夫」との言葉を得られたことも伝え、「皆さまにこんなに応援してもらっていることを感謝し、仕事をまた一生懸命頑張っていきたいと思います」と言うと深々と頭を下げた。
 野々村は7月30日にPCR検査を受けて陽性が判明、38度の発熱とせき、倦怠(けんたい)感の症状があった。同31日に感染を所属事務所が公表、自宅療養していた。ところが症状が悪化して今月5日に入院した際に検査を受けたところ、肺が真っ白になるほどの重症と判明。一時は酸素吸入器と心電計をつけ、ベッドから動けないほどで周囲を心配させていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ