本文へ移動

作り続け40年「カミロボ」 愛知川図書館で造形作家・安居さん作品展

2021年8月25日 05時00分 (8月25日 16時48分更新)
手前左から輪ゴム、ミニ門松、綿棒など日用品で作ったロボット=愛荘町の愛知川図書館で

手前左から輪ゴム、ミニ門松、綿棒など日用品で作ったロボット=愛荘町の愛知川図書館で

  • 手前左から輪ゴム、ミニ門松、綿棒など日用品で作ったロボット=愛荘町の愛知川図書館で
  • 針金で素材をつなぎ合わせた「ヤスイ締め」=愛荘町の愛知川図書館で
  • 針金で素材をつなぎ合わせた「ヤスイ締め」=愛荘町の愛知川図書館で
 小学生の時から作り続けた紙のロボット「カミロボ」や、日用品で作ったロボットの人形など、彦根市出身の造形作家、安居智博さん(49)の約四十年の作品が、愛荘町市の愛知川図書館で展示されている。二十九日まで、午前十時〜午後六時。無料。(石曽根和花)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧