本文へ移動

戦争から戦後、人々の生き様描く 大野の岩本さんが初の小説出版

2021年8月25日 05時00分 (8月25日 16時05分更新)
小説「蔭田」を出版した岩本さん=大野市松丸の自宅で

小説「蔭田」を出版した岩本さん=大野市松丸の自宅で

 大野市松丸の農家、岩本喜代英さん(87)が、小説「蔭(かげ)田」を自費出版した。大野を舞台に戦時を生きた親らの物語や、戦後、出稼ぎで生きた自身の経験などを基に描いた小説など九編を編んだ。「(戦争を背景にした作品では)戦争は人を狂わせる。そんな中での人間模様を描いた」と厭戦(えんせん)への思いを語る。(平林靖博)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧