本文へ移動

「バリアフリー観光」促進へ 公益社団法人やNPOなど3者連携

2021年8月24日 05時00分 (8月24日 12時31分更新)
協定書を披露する鈴木市長(右)ら=伊勢市二見町茶屋の市二見生涯学習センターで

協定書を披露する鈴木市長(右)ら=伊勢市二見町茶屋の市二見生涯学習センターで

 障害の有無や年齢を問わず観光が楽しめる「バリアフリー観光」の伊勢志摩地域での推進に向けて、公益社団法人「伊勢志摩観光コンベンション機構」と、NPO法人「伊勢志摩バリアフリーツアーセンター」(鳥羽市)、コンサルティング会社「ミライロ」(大阪市)が連携協定を結んだ。 (足達優人)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報