本文へ移動

【大相撲】御嶽海が東洋大の後輩・大橋悠依らの活躍に刺激 「予定が合えば…」秋場所招待プランも

2021年8月23日 18時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
御嶽海

御嶽海

 大相撲秋場所(9月12日初日、東京・両国国技館)に向けた合同稽古が23日、両国国技館の相撲教習所で始まった。東洋大出の御嶽海(28)=出羽海=は、東京五輪に出場した同大出身者の活躍に刺激を受けた様子だ。
 競泳では、大橋悠依(25)が個人メドレーの400メートルと200メートルで2冠、親交の深い個人メドレー200メートルの萩野公介(27)も入賞し、御嶽海は「後輩たちが頑張ってくれていたので。リレー(陸上男子400メートルの桐生祥秀)の方は残念ですけど、水泳の方で頑張ってくれて僕も刺激になった」。萩野には「落ち着いたらお祝いさせて」「感動をありがとう」と伝えたといい、「9月場所、招待でもしようかなと。予定が合えば」と話していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ