本文へ移動

県内初 感染100人超え 福井村田製作所のクラスター 

2021年8月23日 05時01分 (8月23日 09時57分更新)
 
 県は二十二日、十歳未満〜九十代の男女三十一人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち二十七人が県外由来とみられる。県内感染者の累計は二千二百二十三人となった。
 クラスター(感染者集団)となっている越前市の「福井村田製作所武生事業所」では、新たに従業員二人が感染。一連の感染者は計百一人となった。県内で百人を超えるクラスターの発生は初めて。県は二十三日までに従業員ら約五百五十人を検査するとしている。
 学校関連では、若狭高校(小浜市)の生徒一人が感染。十七日に登校しており、接触のあった生徒と教職員計六人をPCR検査する。このほか、若狭東高校(同市)で二人、武生高校(越前市)で一人、鯖江高校(鯖江市)で一人、いずれも生徒が感染したが、人にうつす可能性のある期間は登校していなかった。
 関西電力は、高浜原発(高浜町)に勤務する小浜市の四十代男性が感染したと発表した。県内の感染者に含まれないが、大飯原発(おおい町)に勤める二十代男性も感染した。いずれも協力会社の従業員。
 市町別では、福井市が十三人、小浜市が六人、越前市が四人、敦賀市と永平寺町が各二人、鯖江市と大野市が各一人。県外は、京都府と兵庫県が各一人。呼吸不全があり酸素吸入が必要な中等症は三人。 (波多野智月、山本洋児)

関連キーワード

PR情報

福井発の新着

記事一覧