本文へ移動

開田高原の朝取れ野菜 木曽町で軽トラ市始まる

2021年8月23日 05時00分 (8月23日 05時00分更新)
取れたてのトウモロコシなどを買い求める来場者ら=木曽町役場開田支所前で

取れたてのトウモロコシなどを買い求める来場者ら=木曽町役場開田支所前で

 当日の朝に取れた新鮮な野菜を販売する木曽町主催の「開田高原ベジフェスタ 軽トラ市」が二十二日、町役場開田支所前で始まった。九月十九日までの毎週日曜に同所で開催する。
 開田高原の野菜をPRしようと二〇一五年に始まった恒例行事。町の担当者によると同地域は季節や昼夜の寒暖差が大きく、甘みが詰まった高原野菜が取れる。
 この日は雨などの影響で人影はまばらだったが、地元の農家三軒が軽トラックの荷台にトウモロコシや白菜、ズッキーニなどを並べ、観光客らに販売した。
 三年前から軽トラ市に通う愛知県春日井市の会社員中村佳源(よしもと)さん(60)は「土産でトウモロコシを渡した家族や親戚から『おいしい』と評判。甘みが他とは違う」と話し、四十本ほどを買い込んでいた。
 午前九時〜正午。野菜がなくなり次第終了する。(問)開田支所=0264(42)3331 (戸田稔理)

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧