本文へ移動

ハロー! 画面越しに海外学習 富山市・英会話教室 セブ島つなぎ子どもたち

2021年8月23日 05時00分 (8月23日 10時06分更新)
Zoomを使って、日本の子どもたちにフィリピンに関するクイズを英語で出題するセブ島の英語教師

Zoomを使って、日本の子どもたちにフィリピンに関するクイズを英語で出題するセブ島の英語教師

 新型コロナ禍でも子どもたちに海外を身近に感じてもらおうと、富山市の英会話教室「ノベルイングリッシュスクール」などは二十二日、オンラインイベントを開いた。
 富山市を中心に、県内外の小学一年〜中学一年生十六人が参加。各家庭と大阪、フィリピン・セブ島をビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」でつないだ。
 共催した大阪府の旅行会社「とことこあーす」代表の戸田愛さんが、夫と子ども三人とともに世界一周旅行をした体験を紹介。各国で現地の人や他国からの旅行者との交流を通して英語を話すことが便利だと思ったといい「英語を勉強することがゴールではなく、世界中のお友達と勉強したり、遊ぶためのツールとして勉強して」と語った。
 またセブ島の英語教師とも交流。国旗、通貨、現地にある日本の飲食チェーン店などの英語で出題されるクイズに答えながら、フィリピンについて勉強。子どもたちは英語で自己紹介もした。
 ノベルイングリッシュスクールの大田真里代表は「子どもたちの表情が楽しそうで、新しいことを知る意欲に年齢は関係ないと感じた。ズームだからこそできるイベントを今後も続けたい」と話した。 (西村理紗)

関連キーワード

おすすめ情報