本文へ移動

7人制・東京五輪代表の石田吉平が練習試合に出場 パリ五輪見据え「まずは15人制で全力を」【ラグビー】

2021年8月22日 20時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京五輪代表の明大・石田

東京五輪代表の明大・石田

◇22日 大学ラグビー練習試合 明大28―10天理大(長野県上田市)
 9月に開幕する大学ラグビーのシーズン開幕を前に、昨季の全国大学選手権で4強の明大、同準優勝の早大が22日、長野県上田市でそれぞれ練習試合を行い、明大は同優勝の天理大を28―10で破り、早大は帝京大を40―24で下した。
     ◇
 7人制で東京五輪代表だった明大WTB石田吉平(3年・常翔学園)は天理大戦の後半20分から出場した。五輪後、1週間ほど休みを取っただけで明大の練習に合流。五輪では出場時間が少なかったが「出られなかったこともいい経験にできるよう、まずは15人制で全力を出して、そのあと7人制に戻って、パリ五輪を目指します」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ