本文へ移動

【甲子園】沖縄尚学のエースが敵のエースに脱帽「頭のいい投球ですごい」渡辺が8回2死まで完全試合投球

2021年8月22日 19時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄尚学―盛岡大付 8回裏盛岡大付1死、小針(手前左)に本塁打を浴びる当山

沖縄尚学―盛岡大付 8回裏盛岡大付1死、小針(手前左)に本塁打を浴びる当山

◇22日 全国高校野球選手権大会2回戦 盛岡大付4―0沖縄尚学(甲子園)
 沖縄尚学のエース・当山渚投手(3年)は8回2死まで完全試合投球を続けた盛岡大付の渡辺に脱帽した。ともに初戦を完封したエース同士の対決。4回に4連打などで先に2点を失うと、8回には2本のソロを浴びた。「終盤に追加点を許したのは自分の弱さ」と反省。自身も2打数無安打に倒れ、渡辺の投球を「打者が狙っていない球を投げる。頭のいい投球ですごい」とたたえた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ