本文へ移動

【夏の甲子園】「ランニングホームラン」トレンドに…単打と敵失で逆転ホーム、スクイズ失敗挽回で「十分すげぇ」

2021年8月22日 12時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回表高川学園1死三塁、適時打を放った山(6)が守備失策で一気に生還する。後方は阪上

5回表高川学園1死三塁、適時打を放った山(6)が守備失策で一気に生還する。後方は阪上

  • 5回表高川学園1死三塁、適時打を放った山(6)が守備失策で一気に生還する。後方は阪上
  • 5回表高川学園1死三塁、右前に適時打を放つ山。守備失策で一気に生還する。投手阪上
◇22日 全国高校野球選手権大会2回戦 高川学園―神戸国際大付(甲子園)
 快足を飛ばし、一気にひっくり返した。高川学園(山口)の山大輝(やま・だいき)内野手(2年)が1―2の5回2死三塁から右前へライナー性の安打。これを右翼手が後逸し、フェンスまでボールが転がる間に、自ら逆転のホームを踏んだ。
 2球連続でスクイズをファウルで失敗して追い込まれたが、ヒッティングに切り替えてスライダーを捉えた。逆転ランニングホームランかと思われたが、記録は右前打と右翼手の失策。このプレーを巡ってツイッターでは「ランニングホームラン」がトレンド入り。「すげ~! 甲子園でランニングホームラン目の当たりにしたの初めて かと思ったらやっぱりシングルヒットとエラーか」「すげぇ、記録的にはランニングホームランではないけど、十分すげぇ。逆転したし」などの声が上がった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ