本文へ移動

横浜の1年生エース杉山遥希は3失点に悔し涙 「背番号1にふさわしい選手になって戻ってきたい」【夏の甲子園】

2021年8月21日 20時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回に3点を失った横浜・杉山

4回に3点を失った横浜・杉山

◇21日 全国高校野球選手権大会2回戦 横浜0―5智弁学園(甲子園)
 横浜の1年生左腕・杉山遥希投手が全国トップレベルの力を見せつけられた。4回、プロ注目スラッガーの智弁学園(奈良)・前川に中越え先制打を浴びるなどして3失点。この回限りで降板の憂き目に遭った。
 横浜には、1年夏に背番号1で甲子園に出場した大先輩左腕の愛甲猛さん(元ロッテ、中日)が3年夏に全国制覇したという好例もある。杉山は「バッターの方が上でした。背番号1にふさわしい選手になって戻ってきたい」と涙した。
 打線も要所を締められ、1978年夏(0―3県岐阜商)以来の完封負け。前監督が不祥事で退任し、春夏5度優勝の名門の再建を託されたた村田浩明監督(35)は就任2年目で3年ぶりの出場を果たしたが完敗。「力負けしました。学んだことはいっぱいある。渡辺さん(元監督)、小倉さん(元コーチ)がつくったような全国優勝できるチームにして戻ってきたい」と巻き返しを誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ