本文へ移動

焼杉トンネルで木の香り感じて 安曇野市豊科近代美術館の前庭

2021年8月21日 05時00分 (8月21日 14時29分更新)
トンネルのそばを手をつないで歩く子どもたち=安曇野市豊科近代美術館で

トンネルのそばを手をつないで歩く子どもたち=安曇野市豊科近代美術館で

 安曇野市豊科近代美術館の前庭に、杉の板の表面を焼いて炭化させた「焼杉」を使ったオブジェ「焼杉トンネル」が登場し、子どもや親子連れを楽しませている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧