本文へ移動

【岐阜】東濃5市が独自の緊急事態宣言 感染者急増、抑止へ連携

2021年8月21日 05時00分 (8月21日 11時44分更新)
 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、東濃の多治見、土岐、瑞浪、恵那、中津川の五市は二十日、独自の「緊急事態」宣言を発出した。期間は多治見、中津川両市がまん延防止等重点措置の指定を受けている九月十二日まで。五市合同でコロナに関する宣言を出したのは初めてで、連携して対策に臨むことを目指す。 (片岡典子、長谷部正、脇阪憲)
 宣言は五市の市長の連名。十九日夕、瑞浪市内で五市の緊急会議があり、宣言発出を決めた。宣言では、デルタ株による若者の重症化リスクの増加により医療体制が逼迫(ひっぱく)して...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

岐阜の新着

記事一覧