本文へ移動

久保建英が“サンタクロース”に 地元マジョルカの病院訪問…闘病中の子どもにプレゼント

2019年12月12日 14時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保建英

久保建英

 スペイン紙『ディアリオ・デ・マジョルカ』によるとマジョルカは11日、地元の病院に久保建英らが訪問し、入院中の子供たちにクリスマスプレゼントを贈る“サンタクロース”役になった。
 同紙によるとこのイベントは毎年恒例の行事で、ビセンテ・モレノ監督と選手たちがクラブからの記念品とユニホームをプレゼントしたとのこと。「レイナ、久保、サルバ・セビージャ、プディミールらは病院でクリスマスパーティーの前日を過ごす病身の子供たちと楽しい時を共有した」と記され、久保らが闘病中の子どもと笑顔で収まる様子を写真でも紹介している。
 マジョルカは前節バルセロナ戦に2-5で大敗したものの、久保は何度もチャンスを作るなど存在感を見せた。同紙も「久保は鮮烈なフォームを見せ、ベンチに戻ることはないだろう」とスタメンに定着したことを評価している中での病院訪問は、子どもたちにとっても大きな喜びとなっただろう。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ