本文へ移動

<語りつなぐ わたしの戦争体験> (1)出兵前日、突然の残留 渡辺誼さん(98)=瑞穂市

2021年8月21日 05時00分 (8月21日 11時33分更新)
 私が故郷の和知村(現八百津町和知)の青年学校に通っていた時、先輩が中国で戦死しました。仮安置所となった小学校講堂に置かれた骨箱に軍服がかけてありました。第二ボタンが銃痕でつぶれて服一面が黒い血で染まっていました。あの血潮は今も脳裏に焼きついています。
 「必ず先輩のかたきを取ってやる」と決意し、一九四二(昭和十七)年一月に志願兵として浜松市の陸軍高射砲第一連隊に入隊。基礎訓練を受け、名古屋市内の部隊に転属しました。四五年、ニューギニア島へ派遣される部隊へ参加が決まり、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧