本文へ移動

福留が今季4度目ビッグイニング点火打の二塁打「先に点を取るためには出塁しなければいけない」【中日】

2021年8月21日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇20日 中日6―0阪神(バンテリンドームナゴヤ)
 「5番・右翼」で先発した福留が、大量点への口火を切った。2回の先頭で、3ボール1ストライクから先発・西勇の外角のシュートを逆方向へ運ぶと、打球は左中間フェンス上部を直撃する二塁打。「先に点を取るためには出塁しなければいけない。反対方向にしっかり打てたと思います」と納得の一打から打線がつながった。堂上の二ゴロ失策で三塁に進み、木下拓の中前適時打で先制のホームを踏んだ。この回は計5得点。ベテランが、今季4度目のビッグイニングへ導いた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ