本文へ移動

キングカズが国立のピッチに帰ってきた!三浦知良「思い出深いとても大切な場所…誇りに思う」

2019年12月22日 01時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
国立競技場オープニングイベントに登場した横浜FC・三浦知良

国立競技場オープニングイベントに登場した横浜FC・三浦知良

 2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる国立競技場(東京都新宿区)のオープニングイベントが21日に行われ、サッカーのJリーグ、横浜FCのFW三浦知良(52)はピッチで得意のまたぎフェイントなどを披露した。
 旧国立競技場でも数々の足跡を残してきた“キングカズ”は「大変興奮している。自分にとってもこの場所は思い出深いとても大切な場所。新しくなった国立競技場のピッチに立っていることを誇りに思う」とあいさつし「皆さんの力で新しくなった国立競技場を聖地にしよう」と呼び掛けた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ