本文へ移動

上方落語の重鎮、笑福亭仁鶴さん死去「耳に残る声だった」「こうやってだんだん昭和が…」悼む声相次ぐ

2021年8月20日 17時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
笑福亭仁鶴さん

笑福亭仁鶴さん

 吉本興業は20日、落語家で吉本興業特別顧問の笑福亭仁鶴さんが17日に骨髄異形成症候群のため、大阪府内の自宅で死去したと発表した。84歳。すでに近親者、関係者によって葬儀を終えたという。
 大阪府出身の仁鶴さんは1962年に6代目笑福亭松鶴に弟子入り、翌年から吉本に所属。劇場で高座に上がりながら、テレビ、ラジオを中心に活躍。ラジオの深夜番組では「どんなんかな~」などのギャグを連発し、パーソナリティーとしての地位を確立。69年スタートのテレビ番組「ヤングおー! おー!」では初代司会者として人気者に。72年には「ボンカレー」CMでの「3分間待つのだぞ」のセリフも話題になった。
 85年にスタートしたNHKの法律バラエティー番組「バラエティー生活笑百科」では「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせ~」のオープニングで30年以上にわたって司会を務めた。メディアで活躍する一方、劇場出演を続け上方落語の重鎮として存在感を持ち続けた。
 ネット上では「笑福亭仁鶴」がトレンドワードトップになり「耳に残る声だった」「世代は離れていますが、分かりやすい、落語を感じさせてくれたひとです」「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせぇ! って言葉が好きだったのに…」「こうやってだんだん昭和が…」「最近、全然テレビ出てはらへんから体が悪いんやろなとは思ってた」など悼む声が相次いだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ