本文へ移動

日本サッカー協会に「eサッカー」が創設された 3月7、8日に日本代表選考会で2人の代表選手選出

2019年12月20日 20時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
来年の年間スケジュールを発表後、記念撮影に応じる(左から)森保監督、キリンホールディングス磯崎社長、田嶋会長、高倉監督

来年の年間スケジュールを発表後、記念撮影に応じる(左から)森保監督、キリンホールディングス磯崎社長、田嶋会長、高倉監督

 日本サッカー協会は20日、2020年の日本代表各カテゴリーの年間スケジュールを発表した。東京五輪本大会を控えるUー23日本代表やW杯カタール大会アジア2次予選(3月26日・ミャンマー戦、同31日・モンゴル戦)に臨むA代表の日程を発表。そして、新たなカテゴリーとして「eサッカー」が創設された。3月7、8日に日本代表選考会を経て、2人の代表選手が4月のeネーションズ杯地域予選に参加。国際サッカー連盟(FIFA)主催の5月22~24日の国際大会への出場を目指す。
 日本協会の須原専務理事は「今までにない形でサッカーに接していただき、サッカー全体を盛り上げていく原動力の一つにしたい」と説明した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ