本文へ移動

神戸、ついに初冠王手! 「歴史的な初タイトルのために」イニエスタ“異次元の舞”

2019年12月22日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後半、途中交代を告げられピッチを後にするヴィッセル神戸 アンドレス・イニエスタ=ノエスタ神戸(撮影・高部洋祐)

後半、途中交代を告げられピッチを後にするヴィッセル神戸 アンドレス・イニエスタ=ノエスタ神戸(撮影・高部洋祐)

◇天皇杯全日本選手権<準決勝> 神戸3-1清水

 サッカーの天皇杯全日本選手権第9日は21日、ノエビアスタジアム神戸などで準決勝2試合が行われ、来年1月1日の決勝のカードは神戸-鹿島に決まった。新たに完成した国立競技場で、初めて開催されるスポーツの公式戦となる。神戸は清水を3-1で破り、初の決勝進出。MFアンドレス・イニエスタ(35)が先制ゴールを奪うなど活躍した。6度目の優勝を狙う鹿島はJ2で唯一勝ち残った長崎を3-2で下し、3大会ぶりの決勝に進んだ。
      ◇
 神戸のクラブ史に新たな1ページを書き加えたのはやはりこの人、イニエスタだった。先制弾にダメ押し点のアシスト。「決勝も勝ってカップを神戸に持ち帰る。サポーターの皆さんに幸せのお裾分けをしたい」と語る顔に充実感が漂った。
 前半13分、敵陣右サイドの西からパスを受けると、中に持ち出して左足を鋭く振った。「シュートコースが見えた。相手DFの下を抜く低い弾道をイメージ」との言葉通りの一撃がゴール右隅に突き刺さる。自ら「試合を有利に進める上で大事な点だった」と自賛した1発となった。
 2-1と詰め寄られた後半24分にはペナルティーエリア左角に侵入した古橋の足元に寸分狂わぬ絶妙な縦パス。勝敗の行方を決定付けるチーム3点目を演出した。9月下旬のJ1川崎戦で右足親指を骨折。患部の状態と向き合いながらのシーズン終盤で公式戦出場はほぼ1カ月ぶり。だが、一度ボールを持てば“異次元”の輝きを放った。
 母国代表で同じ時を過ごしたFWビジャが今季限りでの引退を表明した。そのキャリアの最後を「タイトルで飾る」がチーム内の合言葉。けがによる調整遅れでこの日はベンチ外だった盟友のためにも勝利が義務付けられた試合だった。
 「このクラブの歴史的な初タイトルのために次も全力でプレーする。そこでビジャと一緒に戦えることを願っている」。大団円に向けた舞台は整った。残るは“主役”の帰還だけだ。 (内田修一)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ