本文へ移動

巨人移籍の中田翔が暴力行為を陳謝「愚かな行為だった」背番号10…日本ハム側からトレードもちかける

2021年8月20日 11時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハムから巨人へのトレードが決まり、記者会見する中田翔

日本ハムから巨人へのトレードが決まり、記者会見する中田翔

 日本ハムから巨人にトレードされることが発表された中田翔内野手(32)が20日、東京・大手町の巨人球団事務所で会見した。
 髪を黒く染め、髭なしでスーツ姿で登場した中田は冒頭で4日のエキシビションマッチ・日本ハム―DeNA戦(函館)前に日本ハムの同僚に対して行った暴力行為について、「みなさんに迷惑をかけてしまったことを本当に反省しています。ファンのみなさんを裏切ってしまったことはすごく後悔しています。すいませんでした。今回の自分のやってしまったことは愚かな行為だった」と陳謝した。
 その上で、2008年の入団から在籍してきた日本ハムに対して、「自分を育ててくれたのは北海道日本ハムファイターズであり、北海道の日本ハムのファンのみなさんだと思っています。ファンのみなさんに感謝しています」という思いを口にした。
 一方、巨人の大塚淳弘球団副代表は今回のトレードについて、日本ハム側からもちかけられたものだと説明。形は無償トレードで、背番号も10に決まり、チームには20日から合流する予定だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ