本文へ移動

亡き先輩の思い継ぎ戦争語り部に 戦後生まれ・名古屋の近藤さん

2021年8月20日 05時00分 (8月20日 12時09分更新)
体験談に登場する小物を前に、戦争を語り継ぐことへの思いを話す近藤さん=名古屋市名東区のピースあいちで

体験談に登場する小物を前に、戦争を語り継ぐことへの思いを話す近藤さん=名古屋市名東区のピースあいちで

  • 体験談に登場する小物を前に、戦争を語り継ぐことへの思いを話す近藤さん=名古屋市名東区のピースあいちで
  • 近藤さんが戦争体験を語り継ぐ斎藤さん=家族提供
 戦争を実体験した世代が高齢化し、記憶の継承が課題となる中、戦後生まれの「語り継ぎ手」が今月デビューした。名古屋市昭和区の近藤世津子さん(60)は語り継ぐボランティアに応募。亡き先輩に代わって戦争体験を伝える語り部として、一歩を踏み出した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報