本文へ移動

<語りつなぐ 戦後76年> (6)姉と妹を亡くした名古屋空襲・早川晃示さん(84)=大垣市

2021年8月20日 05時00分 (8月20日 11時21分更新)
姉の孝子さんの死亡診断書を示す早川さん=大垣市墨俣町で

姉の孝子さんの死亡診断書を示す早川さん=大垣市墨俣町で

  • 姉の孝子さんの死亡診断書を示す早川さん=大垣市墨俣町で
  • 早川さんの母光子さん(左)とその家族で伊勢神宮を参拝した際の写真。おんぶされている女の子が和子さん、光子さんの右側が孝子さん、中央にいる男の子が早川さん=早川さん提供
 目の前で姉とその背中の妹が炎にのまれていた。
 一九四五(昭和二十)年三月十九日の名古屋空襲。当時、名古屋市昭和区堀江町(現在は福江)に住んでいた早川晃示さん(84)=大垣市墨俣町=は今もその光景が脳裏に焼き付いて離れない。小学六年生だった姉、孝子さんと、三歳の妹、和子さんが亡くなった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧