本文へ移動

浦和入り内定・青森山田主将MF武田が連覇へ意気込み 富山一、前橋育英…強豪“包囲網”破れるか

2019年12月30日 21時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
各県の代表が集まり行われた開会式

各県の代表が集まり行われた開会式

◇30日 サッカー第98回全国高校選手権開会式(東京・駒沢陸上競技場)

 前回大会覇者の青森山田は高円宮杯Uー18プレミアリーグファイナル(15日・埼スタ)を制し、今大会でも本命視されているが、主将のMF武田(J1浦和入り内定)は「(高円宮杯からは)もう気持ちを切り替えた。よく連覇、連覇と言われるけど、あまり意識はしていない。自分たちの代で勝ちたいという気持ちの方が強い」と意気込んだ。
 青森山田は2016年度も高円宮杯と選手権を制し、2冠達成。富山一、前橋育英など過去に優勝経験があるチームとの早い段階での対戦が予想されるが、“包囲網”を破って偉大な先輩たちに肩を並べる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ