本文へ移動

出生届を記念に残そう 湖西市の50周年記念事業

2021年8月20日 05時00分 (8月20日 10時07分更新)
市制50周年事業で「しあわせRINGの出生届」プレゼントの申し込みを呼び掛ける担当者=湖西市役所で

市制50周年事業で「しあわせRINGの出生届」プレゼントの申し込みを呼び掛ける担当者=湖西市役所で

 湖西市は来年(二〇二二年)、市制五十周年を迎えるのにあたり、記念事業の一環で、来年出生届を提出する予定の希望者に、記念として残せる「しあわせRINGの出生届」をプレゼントしている。
 通常の出生届は、医師や助産師が書いて市役所に提出するので、親の手元には届が残らない。
 「しあわせRINGの出生届」は複写式で、医師らに了承してもらう必要はあるが、役所への提出用と同じ届が残り、保存できる。台紙になっており、出生届を貼って保存したり、子どもの写真や手形などを貼ることもできる。表紙はかわいらしくデザインされている。
 「しあわせRINGの出生届」は婚姻届と一緒に、二〇一九年から市ホームページで一冊二千円で販売している。他の自治体にも届として提出できるので、市のふるさと納税返礼品にも採用されている。
 今回のプレゼントは記念事業で無料。市ホームページの申し込みフォームに必要事項を入力すると出生届が郵送される。市の担当者は「市制五十周年に生まれるのは、子どもにも記念になるので、ぜひプレゼントを受け取ってほしい」と呼び掛けている。 (桜井祐二)

関連キーワード

PR情報