本文へ移動

CSKA西村拓真がポルティモネンセへ期限付き移籍 GK権田 DF安西とチームメート リーグ17位と低迷 得点源として期待

2020年1月10日 23時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 サッカーのロシア1部リーグのCSKAモスクワは10日、FW西村拓真(23)がポルトガル1部のポルティモネンセに期限付き移籍することで合意したと発表した。移籍期間は今季末まで。西村は2018年8月にJ1仙台からCSKAモスクワへ完全移籍。昨季はロシア1部で2得点を挙げ、欧州チャンピオンズリーグでもプレーしたが、今季は出場機会を得られず、今冬の移籍が確実視されていた。
 ポルティモネンセには日本代表GK権田修一(30)、同DF安西幸輝(24)が在籍しており、西村の加入で日本人選手は3人となる。チームはリーグ17位(全18チーム)と低迷しており、西村は新たな得点源として期待されている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ