本文へ移動

瑞浪で発見、アシカの頭骨化石 市化石博物館で企画展

2021年8月19日 05時00分 (8月19日 11時35分更新)
ミズナミムカシアシカの頭骨の化石のレプリカを見る来館者=瑞浪市明世町の市化石博物館で

ミズナミムカシアシカの頭骨の化石のレプリカを見る来館者=瑞浪市明世町の市化石博物館で

  • ミズナミムカシアシカの頭骨の化石のレプリカを見る来館者=瑞浪市明世町の市化石博物館で
  • 頭骨の化石と同じ現場から見つかった鰭脚類の腕などの化石=瑞浪市明世町の市化石博物館で
 瑞浪市明世町の市道工事現場で昨年九月に見つかった約千八百万年前のアシカの仲間「鰭脚(ききゃく)類」の化石のレプリカなどを披露する企画展「新発見!みずなみの化石たち」が同町の市化石博物館で開かれている。十一月三日まで。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧