本文へ移動

『ACL王者奪還!』村井チェアマン厳命 「アジアの頂点に立たなければいけない」今季Jから4チーム出場

2020年1月16日 13時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ACLでの躍進を誓う(左から)Jリーグの村井チェアマン、神戸・立花社長、横浜M・黒沢社長、鹿島・鈴木常務、FC東京・石川CC、日本サッカー協会の田嶋会長

ACLでの躍進を誓う(左から)Jリーグの村井チェアマン、神戸・立花社長、横浜M・黒沢社長、鹿島・鈴木常務、FC東京・石川CC、日本サッカー協会の田嶋会長

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場クラブのミーティングが16日、東京都内で行われ、Jリーグの村井満チェアマン(60)は「アジアの頂点に立たなければいけない。チャンピオン奪還を実現してほしい」と、Jリーグ勢による2年ぶりのアジア制覇に期待を寄せた。
 今季はJリーグ王者の横浜Mと天皇杯覇者の神戸が本大会から、鹿島とFC東京がプレーオフから出場。新フォーマットで開催される2021年6月のクラブW杯(中国)の出場権も懸かるとあって、日本サッカー協会の田嶋会長は「世界を目指すことで、Jリーグのレベルも上がっていく」とハッパを掛けた。FC東京の石川直宏クラブコミュニケーター(CC)は「誇りを持って、全力で突き抜けていけるような戦いをしていきたい」と意気込みを語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ