本文へ移動

富士ゼロックス杯に訪日観光客を!多言語チケット販売導入「アジア、世界から注目集める一戦」

2020年1月18日 10時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
カップを奪い合う横浜Mと神戸のマスコット

カップを奪い合う横浜Mと神戸のマスコット

 Jリーグは、シーズンの到来を告げる富士ゼロックス・スーパーカップ、横浜M|神戸戦(2月8日・埼玉スタジアム)で、多言語でのチケット販売を初めて導入する。
 昨季J1王者の横浜Mにはオーストラリア代表を指揮したポステコグルー監督やタイ代表DFティーラトン、天皇杯覇者の神戸には元スペイン代表MFイニエスタらが在籍。「日本のみならず、アジア、世界からも注目を集める一戦」として、英語、タイ語、中国語に対応した販売サイトを設け、訪日観光客を取り込むのが狙い。
 チケットの一般販売は1月19日午前10時から。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ