本文へ移動

成長続く韓国経済、文氏支持率を下支え? 「巣ごもり消費」増

2021年8月19日 05時00分 (8月19日 05時01分更新)
 【ソウル=相坂穣】韓国では新型コロナウイルス感染が再拡大するなかで、経済成長が続いている。聯合ニュースなどが十八日、主要企業二百五十五社の今年上半期の営業利益が、総額百五兆ウォン(約九兆七千億円)となり、前年同期比の二倍超になったとの調査結果を発表した。文在寅(ムンジェイン)政権の支持率を経済成長が下支えしているとの見方も出ている。
 調査によると、売上高も総額千百二十七兆ウォンで、前年同期比10%以上増加。最も大きく増加した業種は、「IT・電気電子」で、四十兆二千五百億ウォン増えた。新型コロナ禍で在宅勤務をする人が増え、オンラインサービスや巣ごもり関連の消費が活性化したためとみられる。
 企業別では、サムスン電子が半導体やスマートフォン関連の好業績により売上高を二十兆ウォン、営業利益を七兆ウォン以上それぞれ増加させ、成長が際立ったほか、現代自動車、LG電子なども売り上げを増やした。一方で、造船や機械、設備など重工業系のメーカーは売上高が減少した。
 韓国では、不動産高騰が社会問題となり、文政権の支持率は四月に30%を割り込んだが、世論調査機関リアルメーターなどが十六日に発表した調査結果に...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

国際の新着

記事一覧