本文へ移動

【天皇杯】名古屋が神戸撃破!準々決勝進出 後半44分に決勝ゴールのシュビルツォク「ありがとう」

2021年8月18日 23時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋―神戸 後半、先制ゴールを決め、両手を広げ喜ぶ名古屋・シュビルツォク

名古屋―神戸 後半、先制ゴールを決め、両手を広げ喜ぶ名古屋・シュビルツォク

◇18日 サッカー天皇杯4回戦 名古屋1-0神戸(豊田ス)
 名古屋が後半44分に先制し、1-0で神戸を破り、準々決勝進出を決めた。
     ◇
 名古屋のヤクブ・シュビルツォク(28)は両手を大きく広げ、全身でファンと喜びを分かち合った。0―0で迎えた後半44分、鮮やかなカウンターの流れからFW柿谷、FW前田とつなぎ、最後に前田のクロスをシュビルツォクが仕留めた。落ち着いて右足で流し込み、来日初ゴールとなる決勝点を沈めた。
 「移籍して最初のゴールというのは難しい。待ち望んでいたゴールを今日決められてうれしいし、これによっていい方向へ進んでいける。チームの皆に助けてもらったので、ありがとうという気持ちだ」
 中2日のグランパスに対して、神戸は中8日の一戦。体力勝負は分が悪いとみたフィッカデンティ監督は、前半を我慢の時間と割り切った。自陣を固めて0―0で折り返すと、勝負手は後半18分。シュビルツォクとマテウスを同時に投入して攻勢を強め、最終盤で試合を決めた。
 ゴール後すぐに向かったスタンドには、多くのポーランド国旗がたなびいていた。「異国の地で国旗が見られたのは、本当にうれしかった」。声を出せないファンの思いを胸に、最高の形であいさつを済ませた。
 15日のリーグ湘南戦に続く新加入選手の決勝点で接戦を制し、7年ぶりの天皇杯8強へ進出した。コイ釣りが趣味というポーランド代表は「明日からは切り替えて、しっかりと次のゲームを見据えて取り組みたい」。ここから得点を積み重ね、11年ぶりのタイトルを釣り上げる。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ