本文へ移動

「がくてつ機関車ひろば」21日オープン 富士・岳南富士岡駅

2021年8月19日 05時00分 (8月19日 10時10分更新)
再塗装され、駅構内の側線上に展示されている電気機関車=富士市の岳南富士岡駅で

再塗装され、駅構内の側線上に展示されている電気機関車=富士市の岳南富士岡駅で

  • 再塗装され、駅構内の側線上に展示されている電気機関車=富士市の岳南富士岡駅で
  • 戦前に製造された電気機関車も塗り直され、きれいなあずき色に=富士市の岳南富士岡駅で
 富士市のローカル私鉄・岳南電車は二十一日、岳南富士岡駅構内に、貨物営業をしていた時代に活躍した電気機関車四両を再塗装するなどして展示した「がくてつ機関車ひろば」をオープンする。新型コロナウイルス禍で乗客数が落ち込む中、新たに人を呼び込む観光スポットにしたい考えだ。 (佐野周平)
 同線はかつて、沿線の工場の荷物を貨物列車で運んでいた。二〇一二年に貨物営業を終了して以降、昭和期に製造された四両の機関車は、同駅構内に野ざらしで保管されていた。
 車体は、塗装が色落ちし、茶色くさび付いていたため、地元のボランティア団体が再塗装。赤やあずき色の鮮やかな姿によみがえった。実際に走りはしないが、少しでも当時の雰囲気を再現しようと、鉄道愛好会が車体を整備し、汽笛を鳴らしたり前照灯を点灯させたりできるようにした。
 四両の機関車は、営業運転している電車の線路と、フェンスを挟んだ向かい側の側線上に展示してある。訪れた人たちが自由に立ち入れる区域にあり、無料で見学や記念撮影ができる。イベント開催時は運転席に入れるようにし、夜にはライトアップもする。担当者は「いろんな人の協力があったからこそ実現できた」と喜ぶ。
 二十一日には記念イベントを開き、運転席を自由に見学できるほか、売店で記念グッズを販売する。現役運転士が電気機関車の外観や車内を案内する「機関車ミニガイド」は時間を分けて複数回開催する。
 二十日から県に緊急事態宣言が発令されるため、検温や消毒を行い、参加を少人数に絞り込むなど、対策を講じるという。要予約。参加料は八百円で、売店で使える五百円分のクーポン付き。
 二十二日以降も土日に「機関車ミニガイド」など各種イベントを催す。(問)同社=0545(53)5111

関連キーワード

PR情報