本文へ移動

【福井】鯖江の保育園でクラスター 新規感染、8割近くが県外由来か

2021年8月19日 05時00分 (8月19日 05時00分更新)
 県は十八日、新たに二十九人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち二十三人は県外由来とみられる。感染者の累計は二千九十四人となった。
 クラスター(感染者集団)となっている越前市の「福井村田製作所武生事業所」の関連では、新たに社員二人と家族一人、知人一人が感染し、一連の感染者は計八十三人になった。鯖江市の鯖江いずみ保育園では園児二人、職員二人、放課後子どもクラブの利用者一人の計五人が感染してクラスターとなり、同園関係の感染者は計六人となった。
 警察職員一人も感染。小浜市職員一人の感染も新たに判明した。帰省の関連では新たに四人が感染した。
 県健康福祉部の窪田裕行部長は、県の周辺で国による緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の適用地域が多いことなどを挙げ、「福井県の周りは感染状況が厳しい」と話した。
 市町別では福井市七人、越前市四人、小浜市と敦賀市が各三人、坂井市、鯖江市、永平寺町が各一人。東京都、神奈川県、京都府が各一人。呼吸不全があり、酸素投入が必要な中等症は六人。 (中場賢一、波多野智月)
PR情報