本文へ移動

【天皇杯・名古屋スタメン】15日湘南戦で決勝点アシストの相馬が神戸戦に先発 勝てば7年ぶり8強

2021年8月18日 17時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発入りした相馬(名古屋グランパス提供)

先発入りした相馬(名古屋グランパス提供)

 名古屋グランパスは18日、天皇杯4回戦・神戸戦(豊田スタジアム、午後6時開始)に臨む。勝てば7年ぶりにベスト8へ進出するチームは、15日のリーグ前節・湘南戦(豊田ス)でCKから決勝点をアシストした東京五輪代表のFW相馬勇紀(24)が先発入り。リーグ戦の勢いそのままに五輪後初ゴールを決め、タイトル獲得への道を切り開く。
 先発は次の通り
 名古屋グランパス
 GKランゲラック
 DF中谷 進之介
 DF宮原 和也
 DF木本 恭生
 DF吉田 豊
 MF米本 拓司
 MF阿部 浩之
 MF稲垣 祥
 FW柿谷 曜一朗
 FW相馬 勇紀
 FW前田 直輝
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ