本文へ移動

「現代の日本の話とは思えない」親子3人がコロナ感染…自宅療養中の母親が死亡のニュースに「完全な人災」

2021年8月18日 17時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小沢一郎議員

小沢一郎議員

 東京都は17日、都内で親子3人全員が新型コロナウイルスに感染し、自宅療養中だった40代の母親が死亡したことを明らかにした。このニュースをNHKが報じると「親子3人」がSNS上のトレンドワードとなり、「誰も入院出来ずお母さんが死亡って…。あってはいけないことでしょう」「現代の日本の話とは思えない」など、悲しみと憤りがやむことはなかった。
 東京都選出の日本維新の会・音喜多駿参院議員は「個人的には志村けんさんが亡くなった時と同じくらい衝撃が大きい。確かに増え続ける感染者を減らすことは最重要だが、1人でも多くの命を救うために医療体制の拡充も同時に急務。政府が意図した医療機関への補助金はほぼ執行されておらず、法改正が必要です」とツイート。立憲民主党の小沢一郎衆院議員も事務所のツイッターで「『安全安心な五輪は可能』とばかり言って間違ったメッセージを送り続けた結果がこれ。完全な人災。国民の命をかけた博打。絶対に許されない」と怒りをあらわにした。
 ツイッター上では「同じ屋根の下で親が苦しみながら息を引き取っていく様子を子どもが見ていなくちゃいけないって、戦時中の防空壕か?」「悲し過ぎるニュースが飛び込んできた。東京都は五輪選手村を一刻も早く患者に提供し、1人でも多く都民の命を救え。何のための行政なんだよ」「小池都知事は『ご冥福をお祈りする』とだけ述べ、自身の責任には言及せず。五輪にうつつを抜かし、今なおパラリンピック開催に全力を注ぐ」など厳しい声が相次いだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ