本文へ移動

前代未聞の珍決着!! 両軍合わせて9人連続PK失敗…最後は天皇杯王者の神戸がJ1王者の横浜M振り切るも観客から失笑

2020年2月8日 16時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇富士ゼロックス・スーパーカップ2020(8日 埼玉スタジアム)ヴィッセル神戸〇3-3横浜マリノス(PK3-2)

 前代未聞の珍決着だ。Jリーグの新シーズン到来を告げる「富士ゼロックス・スーパーカップ」が8日、埼玉スタジアムで行われ、天皇杯王者の神戸が昨季J1覇者の横浜MとのPK戦を制し、初優勝を飾った。点の取り合いとなった試合は3ー3で90分間では決着がつかず、そのままPK戦に突入。先行の横浜Mの3人目のキッカーだったエジカルジュニオが外すと、そこから連鎖するように両チームが計9人連続して失敗。神戸7人目の山口が右隅に沈めて、神戸の勝利が決まった。
 途中から観客がざわつき、あるファンは「こんなへたくそなPK戦は観たことがない」と笑っていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ