本文へ移動

武藤嘉紀が今季末で英ニューカッスル退団か  来季の新ストライカー候補にアルジェリア代表FWと地元紙報道

2020年2月12日 11時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
武藤嘉紀

武藤嘉紀

 イングランド・プレミアリーグのニューカッスルは今季限りでFW武藤嘉紀(27)を放出し、来季に向けて新ストライカーの獲得に動いていることが分かった。11日に地元紙ノーザンエコーが報じた。2部リーグ・チャンピオンシップのブレントフォードに所属するアルジェリア代表のFWサイード・ベンラーマ(24)を最有力候補に挙げ、調査を行っているとしている。
 武藤はブルース監督の下、出場機会が減り、今季のリーグ戦は出場7試合でうち先発は2試合。1月4日のFA(イングランド協会)カップのロッチデール戦で先発したが、でん部を負傷して途中交代。ニューカッスルは1月の移籍市場で放出を画策したが、負傷の影響もあり、移籍先は決まらなかった。
 ニューカッスルは今季序盤、降格圏に沈むなど低迷したが、守備的サッカーで持ち直し、現在は12位まで浮上した。プレミア残留が見えてきたため、来季の戦力補強に着手している。武藤はリハビリ中で、今季末に退団する可能性が大きい。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ