本文へ移動

日本代表・森保監督 1G1Aのマジョルカ久保建に「できる部分は磨き、課題は改善していってほしい」

2020年2月22日 19時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
川崎ー鳥栖を視察に訪れた日本代表の森保監督

川崎ー鳥栖を視察に訪れた日本代表の森保監督

 サッカー日本代表の森保一監督(51)が22日、J1の川崎ー鳥栖を視察後に報道陣の取材に応じ、スペイン1部リーグのベティス戦で1ゴール1アシストと活躍したマジョルカMF久保建英(18)を「決定機もつくっているし、シュートも打っている。得点は(利き足ではない)右足だった。残留争いをしているチーム事情もあり、(守備から入るなど)難しい面もあると思うが、できる部分は磨き、課題は改善していってほしい」と絶賛しつつ、さらなる成長を促した。
 他の欧州勢については「まずは自分のチームで試合に出てほしい。欧州では(クラブ内での)序列が変わるスピードが速い。うまくいっていない選手も今できるベストを尽くして、日本代表の力になれるよう成長してくれることを願っている」とエールを送った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ