本文へ移動

江坂とオルンガが2発ずつ! J1昇格の柏が快勝発進 江坂「開幕戦で勝てて、とにかくホッとしている」

2020年2月22日 20時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
柏レイソルの江坂任(C)Jリーグ

柏レイソルの江坂任(C)Jリーグ

  • 柏レイソルの江坂任(C)Jリーグ
  • 柏レイソルのオルンガ(C)Jリーグ

◇22日 J1第1節(三協フロンテア柏) ○柏 4-2 札幌●

 2季ぶりのJ1、その復帰初戦に柏のホームスタジアムが沸き立った。快勝劇を見届けたサポーターは試合後、勝利の余韻に浸っていた。
 ゴールラッシュの口火を切ったのはFW江坂だった。前半13分、中央から左へと持ち出し、左足を振り抜いた。「前半の先制点だったので、チームを落ち着かせることができた。よかった」と喜んだ10番は、2-0で迎えた後半13分に自身の2点目。MFクリスティアーノのパスに走り込み、再度左足でゴールネットを揺らした。

前回昇格時の2011年には即優勝

 江坂に負けじとFWオルンガも2点を挙げた。前半20分と後半20分にともに縦パスに反応して飛び出し、相手GKを外してからそれぞれ右足と左足で蹴り込んだ。
 昨季のJ2最終戦で驚異の個人8得点を記録したケニア代表選手がJ1でも活躍できることを証明した形だ。ただし、試合後の本人は淡々。「2点を取ったことはもちろんうれしいが、浮かれたりはできない。(この2ゴールは)もう過ぎたこと。自分のコンディションを上げながら、一歩一歩やっていきたい」と、すでに前を向いていた。
 柏は前回J1昇格時の2011年に復帰即優勝の快挙を果たしている。その再現について言及するのは時期尚早だが、少なくともJ1で戦える手応えはつかんだようだ。江坂は「開幕戦で勝てて、とにかくホッとしている。改善点はまだまだあるが、チームとしていい攻撃ができたので、自信につながる」と、胸を張った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ