本文へ移動

速い!強い!うまい! FC東京の初披露”最強トライアングル”が猛爆3発 悲願初戴冠へ逆転発進

2020年2月23日 18時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇23日Jリーグ第1節(アイスタ) FC東京3-1清水

 FC東京が逆転勝利。後半開始早々に先制を許したが、FWディエゴオリベイラ(29)のPKで追いつくと、後半35分、自陣からの逆襲で最後は途中出場のFWアダイウトン(29)が決めて勝ち越しに成功した。同ロスタイムにはFWレアンドロ(26)が自ら得たPKを決め、ダメ押しした。
 ディエゴオリベイラだ、アダイウトンだ、仕上げはレアンドロだ! ブラジル人トリオの個人技で試合の流れを劇的に変え、健太トーキョーが3―1で逆転勝利。悲願のリーグ制覇に向け、白星発進だ。
 0―1で迎えた後半32分、レアンドロが獲得したPKをDオリベイラが冷静に流し込んで同点に追いつくと、ここから圧倒的な個の力で清水を押し切った。
 3分後には、ブラジル人選手が華麗な連係を見せつける。アルトゥールシルバが中盤で奪ったボールをレアンドロが一気にゴール前へと運ぶと、背後に抜け出したDオリベイラにスルーパス。それを横に流し、最後はアダイウトンがゴールに押し込んだ。
 この逆転弾を決めた背番号15は、こう言って胸を張った。
 「私たちは、キャンプからコミュニケーションを取ってきたからね。もちろん、連係もどんどん良くなっているよ。4人でゴールを取れて良かったよ」
 さらに、試合終了間際には再びレアンドロがPKを獲得し、これを自ら決めてダメ押し。背番号20は「このチームはディエゴがPKを蹴ることになっているけど、彼が『蹴るか?』って譲ってくれたんだ」と、エースの計らいに感謝した。
 今季新たに結成されたブラジル人トリオが、いきなりのそろい踏み。速い、強い、うまいの魅惑のトライアングルは、今季のJ1で猛威を振るいそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ