本文へ移動

新型コロナ対策で”応援規制措置”のノエスタ神戸 イニエスタも理解「慣れてない雰囲気。でも、みんなの安全のため」

2020年2月23日 20時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇23日 明治安田生命J1リーグ第1節 神戸1-1横浜FC(ノエビアスタジアム神戸)

 新型コロナウイルスの感染予防対策の一環として、スタンドでは歌やチャント、肩組などの応援行為に加え、応援道具の持ち込みが一切禁止され、スタジアムには手拍子や足踏み音などが響いた。神戸の元スペイン代表イニエスタは「慣れてない雰囲気だった」と振り返り、「みんなの安全のために取っている対策。こういった状況が改善されることを願う」と話した。
 この日は横浜FCとの今季J1初戦。歴代4位のJ1年長出場記録となる41歳7カ月30日の元日本代表MF中村俊輔がトップ下で先発出場し、イニエスタとは、スコットランドのセルティック時代に出場した2008年2月の欧州チャンピオンズリーグ1回戦第1戦のバルセロナ戦以来、実に12年ぶりの直接対決だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ