本文へ移動

2008年はセルティックとバルセロナ…中村俊輔vsイニエスタ12年ぶり”名人対決” J1復帰の横浜FCが天皇杯王者と千金ドロー発進

2020年2月23日 18時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇23日 J1リーグ第1節 神戸1ー1横浜FC(ノエビアスタジアム神戸)

 横浜FCが13年ぶりのJ1初勝利を逃した。前半24分、DF志知が送った左クロスのこぼれ球を明大卒のルーキーMF瀬古が右足で流し込んで先制したが、後半29分に神戸FW古橋に痛恨の同点被弾。防戦一方の展開ながら天皇杯王者を苦しめ、価値あるドロー発進となった。

 歴代4位のJ1年長出場記録となる41歳7カ月30日の元日本代表MF中村俊輔がトップ下で先発出場。神戸の元スペイン代表MFイニエスタとは、スコットランドのセルティック時代に出場した2008年2月の欧州チャンピオンズリーグ1回戦第1戦のバルセロナ戦以来、実に12年ぶりの直接対決だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ