本文へ移動

【中日】今季初スタメン渡辺が広島森下から先制打 約2年ぶり打点

2021年8月17日 19時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日渡辺が先制打を放つ。広島投手森下

中日渡辺が先制打を放つ。広島投手森下

◇17日 中日ー広島(バンテリンドームナゴヤ)
 “天敵”の広島・森下から価値ある一打を放った。中日・渡辺勝外野手(27)が、「2番・左翼」で今季初スタメン出場。両チーム無得点で迎えた3回2死二塁、広島先発・森下が投じた低めぎりぎりのスライダーをうまく逆方向へはじき返し、先制点をもぎとった。さらに、続く大島への初球に二盗を決め、チャンスを広げた。
 渡辺の打点は2019年9月29日の阪神戦(甲子園)以来。「2アウトからのランナーだったので積極的に振れた」と振り返った。
 森下は中日戦に通算5試合に先発し、3勝0敗、防御率1・13。中日は前半戦最終戦となった7月14日の広島戦(マツダ)でも8イニング無失点に抑えられるなど、苦戦していた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ