本文へ移動

サッカーミュージアム 3月16日まで閉鎖 JFA職員らテレワーク

2020年2月27日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本サッカー協会(JFA)は26日、今月27日から3月15日までに予定されていたJFAが関わる試合、イベント、会議、研修等のすべてを原則として中止することを決めた。この日、東京都文京区のJFAハウスで取材に応じた田嶋幸三会長(62)は「この1、2週間は(感染拡大を)抑える時。政府の指針も踏まえた上で準じてやりたい」と話した。
 中止となるのは、全日本フットサル選手権(3月14~22日)、ガールズ・エイト(U-12)5地区大会、常務理事会、指導者・審判研修会、女子委員会など。都道府県連盟などにも各種試合、イベントの中止、延期を検討するよう通達した。
 また、JFAハウスに勤務する職員約200人を対象に、27日から原則として在宅でのテレワークに切り替えることも決めた。出社して業務に当たる必要が生じた場合、「専務理事、事務総長、部長の了解を受けた上で行う」ことも義務付けた。また、Jリーグも、約200人の職員を対象に、27日から原則テレワークとすると決定。同ハウスにあるサッカーミュージアムは3月16日まで一時閉館し、記者室なども閉鎖する。
 田嶋会長は「(今後も)ほぼ毎日(意思決定を)やらざるを得ない。都道府県連盟とも(情報等を)共有していきたい」と、状況の推移を注視ながら対応していく考えを示した。 (松岡祐司)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ