本文へ移動

「キャプ翼」だ!マジョルカ久保建英 勝利に導いた活躍を現地メディア絶賛

2020年3月11日 17時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 マジョルカの久保建英(18)は7日のスペインリーグ第27節エイバル戦で今季3点目と先制点を生むドリブル突破を見せたが、その活躍ぶりが「キャプテン翼」のようだとスペインメディアで報じられている。
 久保について特集しているのはバルセロナの一般紙「ラ・バングアルディア」。エイバル戦で久保は前半、左サイドでのドリブルでファウルをもらってダニ・ロドリゲスの直接FKでのゴールを呼び込むと、後半35分には利き足ではない右足シュートでゴール左隅を揺らし、チームを2-1の勝利に導いた。
 この好プレーぶりに同紙は「18歳の日本人は時に漫画のような動きで主役となり、ドリブルはリーグ内でも有数の経験値を持つ選手のようだった。『オリベル&ベンジー(キャプテン翼の海外名)』の主人公のように、彼の左足にボールをぬいつけてピッチを動き回った」と、人気サッカー漫画になぞらえて評価している。
 記事では「スペインへの帰還によって生まれたメディアの期待にすべて応え始めている」とも記されており、レアル・マドリード加入以降注目を浴び続けた久保がいよいよ本領発揮の時だと見ているようだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ