本文へ移動

ベルギーのスパフランコルシャンサーキットCEOが自宅で射殺される…元夫が犯行後に自殺と現地報道

2021年8月16日 21時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
死亡が発表されたスパフランコルシャンサーキットのマイエCEO(同サーキットの公式ホームページより)

死亡が発表されたスパフランコルシャンサーキットのマイエCEO(同サーキットの公式ホームページより)

  • 死亡が発表されたスパフランコルシャンサーキットのマイエCEO(同サーキットの公式ホームページより)
  • 15日にWRC第8戦のパワーステージが開催されたスパフランコルシャン(トヨタ提供)
 ベルギーのスパフランコルシャンサーキットは15日、ナタリー・マイエ最高経営責任者(CEO)が死去したと発表した。「非常に悲しい日だ。サーキットもモーターレース業界も、強い信念を持ち、将来を見据え続けた情熱的な女性を失ってしまった」などと、2016年6月に就任したトップの死を悼んだ。
 一部の海外メディアによると、マイエCEOは同国東部の自宅で女性の友人とともに射殺されたという。犯人はマイエCEOの夫で、犯行後に自殺したとの報道もあるが、詳細は不明だ。
 同サーキットは同日、世界ラリー選手権(WRC)の最終日を開催。今月末にはF1の後半戦スタートとなる第12戦ベルギーGPの開催を予定している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ