本文へ移動

田嶋会長 感染のセルビア&スイス協会長同席も「原因かどうか…発症日の14日まで濃厚接触とはならない」

2020年3月17日 19時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
田嶋幸三会長

田嶋幸三会長

 新型コロナウイルス検査で陽性だった日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(62)がコメントを発表した。3日に出席した欧州サッカー連盟(UEFA)の総会では、14日に新型コロナウイルス感染を発表したセルビア協会のスラビサ・コケーザ会長と「近くにいらっしゃったことは覚えています。スイス協会会長も同席していましたが、このことが原因かどうか分かりません」とつづった。
 また、「ヨーロッパでは新型コロナウイルスに対して現在程の緊張感はなく、みなさん、ハグ、握手、ビズなども行っている状況でした」とコメントした。発症日は14日であることも記し、「発症日の14日までは、濃厚接触とはならないとのことです」とも説明。「楽しみにしていた、Jビレッジからスタートする聖火のグランドスタートも、残念ながら立ち会えません。オリンピック、全てのスポーツが、日本、世界中で安心して行える事を祈っています」と結んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ