本文へ移動

川淵三郎会長「間接的に感染する可能性が出てきた」田嶋会長の感染受け…ツイッターに心境語る

2020年3月18日 12時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
川淵三郎さん

川淵三郎さん

 Jリーグ初代チェアマンで日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長(83)が18日、自身のツイッターを更新。日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)が新型コロナウイルスに感染したことを受け、「(田嶋)会長が感染した事で僕も間接的に感染する可能性が出てきた。10日あまり緊張して過ごさねばならない」とつづった。川淵会長は日本サッカー協会の相談役を務め、東京都文京区のJFAハウス内の執務室で仕事をすることがあるためとみられる。
 川淵会長は「(感染が)一瞬に広がる可能性が現実としてあり、そうならないように願うばかり」と懸念を示しつつ、「ねずみ算的に感染する事を考えればフランスでの外出禁止措置も納得がいく。身近に発生した事で今までとは全く違う危機感を持つ」と記した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ