本文へ移動

『爆撃機』ゲルト・ミューラーさん死去 1974年W杯で西ドイツを優勝に導く 

2021年8月16日 16時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲルト・ミューラーさん=2006年

ゲルト・ミューラーさん=2006年

 現役時代に「デア・ボンバー(爆撃機)」の異名を取ったサッカーの元西ドイツ代表FWで、1974年のワールドカップで母国を優勝に導いたゲルト・ミューラーさんが15日、死去した。75歳だった。
 欧州メディアのスカイスポーツによると、6年近くにわたってアルツハイマー病を患っていたといい、現役時代に所属していた独バイエルン・ミュンヘンのヘルベルト・ハイナー社長は「ゲルト・ミューラーは史上最高のストライカー。世界のサッカー界においても素晴らしい人格の選手だった」とこれまでの偉業をたたえた。
 W杯は3位となった70年のメキシコ大会で10ゴールを挙げて得点王に輝き、74年の地元開催の大会では母国に2度目の世界一をもたらした。ブンデスリーガ(1部)では史上最多の365点をマークした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ